トピックス

様々な現場で業務にあたっている社員の声をお届けします。

普段知ることができない部分に触れられる仕事

M.J(2014年入社/放送局勤務)

番組は沢山の権利で成り立っています。例えば、普段はさらっと聞き流してしまうかもしれないBGM(1曲1曲にそれぞれちゃんと権利があるんです!)や出演されている芸能人や文化人の方々、話題の映画の紹介映像など…。
 
放送番組を様々な場所でより多くの人が楽しんでもらえるよう、日々細心の注意を払ってチェックし、権利処理をしています。その中で「この番組ってこう出来ていたんだ!」という普段知ることができなかった部分に触れる事が出来るのがこの仕事の魅力の一つです。
 
様々な方との出会いもあるので、もしかしたらあの番組を作ったプロデューサーにも会えてしまうかも…?


過去の貴重な映像を後世に繋ぐ仕事

T.A(2016年入社/放送局関連会社勤務)

私の所属する部署では、主に過去番組のメタデータ情報を調査し保存しています。この業務に携わるようになり、過去番組には大変貴重な映像がたくさんあることがわかりました。そしてそれら映像が埋もれていたことに愕然としました。
 
映像を撮った方は恐らく今は存命していないと思われますが、その思いはここに残り、生きているのです。
その思いを感じ、蘇らせ、後世へ繋げていく仕事―。なんて素晴らしい!台本も資料もなく、ただひたすらに調べなくてはならない時もありますが、何とかこの映像を未来の人たちへ継承したい思いを持ちながら、今日も過去番組に取り組んでいます。自分の知識も広がるという一石二鳥な仕事です。


社内活動の大切さを実感

K.T(2018年入社/放送局勤務)

新卒で入社して9ヶ月ほど、本社で主に配信の権利処理を担当していました。番組制作者に制作時の情報を伺ったり、権利者に使用許可を頂いたりと、様々な立場の方とお話しする機会が多いため、コミュニケーション能力が大切になる業務だと感じています。
 
また、月に1度発行される社内報(かわら版)制作の委員会活動にも参加しております。文章や写真を通して、普段はなかなか会うことができない様々な現場で働く先輩のことをより深く知ることができるため、社員同士を繋ぐ大切なツールとなるよう、丁寧に制作しています。