HOME > よくある質問 >

よくある質問

アーカイブ(過去)映像の二次利用をしたいが著作権・肖像権の処理が多く煩雑 …… 処理業務をアウトソーシングできないか?
  できます。作業は主に、試写 → 権利の有無洗い出し(文芸・楽曲等の著作権、実演等の著作隣接権、肖像権等) → 権利者調査 → 貴社方針に沿って、個人や権利者団体への許諾交渉・申請業務代行 → 権利台帳納品 となります。費用は内容に応じてお見積もり致します。


制作時にインターネット配信まで含めて権利処理をしたいが、人手が足りない …… 経験あるスタッフの派遣・出向は可能か?
  ご希望の条件・ご予算に応じ、チーフクラスからアシスタントまでの要員体制を、派遣(特定派遣)・出向(業務委託)のいずれかでご提案します。
またドキュメンタリーや美術番組、海外交渉(英・独・中・韓・露)に強いスタッフもおり、柔軟なチームワークで解決を目指します。

権利不明の映像・写真・資料をネット配信したいが、調査の時間が足りない ……どこまで調査・処理をすればいいのだろう?
  ご検討中の使用映像等と、使用目的に応じ、権利先・権利状況を調査代行致します。すでに著作権が消滅していると思われる場合でも、著作者人格権への配慮、戦時加算や所蔵者の確認が必要な場合もあります。結果報告後、貴社方針に沿って、必要な権利処理を行います。


<その他の質問>

現場スタッフに権利処理を学ばせたいが
…… どこかで教えていないだろうか?
弊社主宰のメディアライツ研究会では業界屈指の講師陣による、権利処理実務セミナーを行っています。今後より一層、実務者向け講座を充実させて参ります。
■制作時にオールライツを取っておきたいが …… 実務ではどうすれば?
■古いドラマの二次使用。喫茶店場面のBGMが差替えできない! …… 楽曲の調査・処理を依頼したいが?
■名画や野球中継映像、また、一般人や有名人ポスターの写り込みがある! …… 映像を二次使用するにはどう権利処理すればよいか?
そんな時は、私たちにお任せ下さい。
多忙なプロデューサーの皆様が制作に専念いただけるよう、予測される権利関係トラブルの回避をお手伝い致します。